育毛剤を使うと本当に髪の毛は生えてくるのか?

薄毛に悩む人のための情報を集めました

AGAに効く育毛剤やAGAを改善する生活習慣って何?

2016/11/21

AGAの原因が薄毛の場合、ありふれた育毛剤では効果が期待されません。原材料にAGA有効成分が含まれる育毛剤を使用するか、専門機関でAGAの治療を受けることが望ましいです。

AGAでは、なるべく早く有効な手を打たないと、ますます毛髪は薄くなりますから、悩む暇があるならば何らかの手段をとりましょう。

育毛対策には食生活の見直しが欠かせない

育毛促進が期待できる食べ物は何か問われれば、まずワカメ、昆布などの海藻全般を頭に思い描く人も多いだろうと考えられますが、実際には育毛の効果はそれほどではないとの説がいわれています。

同じものばかりを食べるようなことではなく、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養をバランスよく食べることを意識することが大事なことだといわれています。それとともに食べ過ぎてしまわないようによく気をつけていくべきでしょう。

育毛から連想するものといえば、海藻ですが、ひたすら海藻を食べ続けても残念なことに、育毛はできないのです。

ワカメやコンブは、ミネラル、そして食物繊維を含んでいますので、育毛に良い効果を与えますが、それで育毛が進んだり、生えるということはありません。亜鉛、鉄分、タンパク質など、育毛を期待するには、多種の栄養素が必要なのです。

育毛剤には女性専用の商品もある

育毛剤、なんていうと男性用の商品に聞こえてしまいますが、女性専用の商品もあるんです。

異性間では毛髪が薄くなる原因が違っていますから、男性用、女性用で分けられていないタイプの育毛剤を使用するよりも女性のことを考えて作られた商品の方が育毛剤の効果を十分に発揮できるものと思われます。

しかしながら、男女兼用の育毛剤を使用して育毛効果が現れる人もいるため、商品と髪の質との関係にもよります。

育毛剤に即効性を求めてはいけない

最近、ちょっと髪が抜けすぎかもと悩みはじめたら気づいたその時に育毛剤を使ってみることがあなたの髪を守ることに繋がります。

育毛剤の効果はすぐにでるものではありません。最低でも90日ほどは利用を続けるとよいでしょう。

ただ、かゆみがあったり炎症がおこるといった副作用が起こった場合、利用を中止したほうがよいでしょう。

もっと抜け毛が起きてしまうことも予想されます。

育毛剤の効果は個人差がありますので、全ての人に効果が現れるとは限りません。

育毛するには適度な運動も欠かせない

育毛には体を動かすことが大切であるといっても、不思議に思うかもしれません。でも、運動をあまりしない人は血行が滞りやすくなりますし、太りやすくなります。

髪に有効な栄養素は血の循環が悪いと頭皮まで行き渡らなくなりますし、肥満も薄毛を誘発する一つの原因です。

運動不足を解消して髪に良い生活をしましょう。

髪の毛を増やすためには、食事を変えてみませんか?食べ物は髪の毛の生育にとても大切です。私たちの体が正しく機能するための栄養が満たされていないと、末端の髪の毛まで届かないので、その状態が続くと薄毛につながります。

栄養バランスの良い食事を3食とって、不足する栄養素はサプリメントから取るようにしましょう。

シャンプーの見直しも育毛のためには大切

髪を育てるためのシャンプーは頭の皮脂や汚れを排除し、元気な髪の成長を応援してくれます。

普段見慣れているシャンプーに洗浄のための成分が入れられていますが、頭皮にとってマイナスになるものが加えられやすく抜け毛につながる可能性があります。

しかし、髪の成長のためのシャンプーを使用すれば、頭皮、髪に負荷をかけない成分で洗浄を優しく行うことができるため、健やかな髪の育成というところにつなげていけます。

まとめ

近ごろは、育毛薬や発毛薬を使う人も数が多くなっているようです。

プロペジアやミノキシジルなどの薬を飲んで育毛を促進すれば、気になる薄毛の解消に役立つこともあるでしょう。

これら様々な育毛薬にはドクターの処方がないといけませんが、個人輸入代行などを使って、けれど、安全性が保証されていないこともあるため、お薦めしません。サプリを髪を育てる為に飲む人も増加しています。健やかな髪が育つためには、必要な栄養素を、地肌まで届けなければなりませんが、意図して摂ろうとしても、毎日続けるのは困難というものです。

ですが、育毛サプリなら栄養素をピンポイントで簡単に摂取できるので、健やかに育つ髪になるでしょう。でも、育毛サプリにばかり頼りすぎることも、いいこととは言えません。

-育毛剤